科学に捧げた生涯

2014年に亡くなるまで、Dr. Peter Geistlichは理事会会長としてGeistlich Pharmaを率いてきました。彼の先見性や価値観は今もガイストリッヒを形成しています。

1980年代にDr. Peter Geistlichは天然の骨や組織の再生を可能にする再生医療用バイオ材料に投資するというビジョンを抱いていたのです。

 

専門能力のネットワークの広がり

Dr. Peter Geistlichはガイストリッヒグループ内に新しいビジネス分野を創出し、新時代を切り拓きました。彼の名は今もガイストリッヒ製品の品質の代名詞です。彼の哲学やパイオニア精神が現在もガイストリッヒを形作っていることに疑いの余地はありません。彼は、国際的な科学者の方々、特にカリフォルニア州ロマリンダ大学のProf. Dr. Philip J. Boyneとの協力によって、骨再生の領域でパイオニア的業績を成し遂げました。彼の多くの業績の一つに、世界で初めて、天然の微細構造や骨成分を温存しつつ有機成分から骨材料だけを取り出すことに成功したことがあります。これによって、骨補填材Geistlich Bio-Oss®.の開発の基礎ができたのです。

“ Dr. Peter Geistlichの名はガイストリッヒの科学的アプローチと高品質の代名詞である”
Paul Note, CEO Geistlich Pharma AG

パイオニア

Dr. Peter Geistlichは、その後、天然のコラーゲンメンブレンGeistlich Bio-Gide® を開発し、良好な創傷治癒特性によってシンプルな外科手技を可能にし、骨再生治療を根本的に変化させたのです。

Dr. Peter Geistlichの時代からずっと、既存製品にも新開発にも、ガイストリッヒ は大学や臨床家の皆さまとの協力による学術ベースのアプローチを継続しています。

 

臨床と科学を結びつける

2003年、Dr. Peter GeistlichはGeistlich Pharma AGとともにOsteology Foundationを創設しました。この組織は教育や研究を促進し、骨や軟組織の再生療法における学術と臨床を緊密に結びつけました。2013年、Dr. Peter GeistlichとGeistlich Pharmaは米国を拠点とするOsteo Science Foundation を立ち上げました。そのゴールは基礎研究や応用研究を支援し再生歯科療法の新しい治療手法や臨床手法を実現することであると宣言しています。新しい知見を促進し共有することを目指しています。また、Dr. Peter Geistlichの精神に基づいて、Geistlich Pharmはオルソ再生の領域において2017年にON Foundationを設立しました。

 Geistlich Pharmaが支援している3つの財団は下記の通りです。