バイオ材料とは何か

SubNavigation

バイオ材料とは、組織欠損の置換や修復を目的に移植するもので、生命を持たない素材です。天然由来素材や合成素材があり、ヒト生体との相互作用が可能です。

骨補填材、コラーゲンメンブレンやマトリックスなどのバイオ材料は、歯科の再生療法でも整形外科の骨や軟骨の再生治療にも頻繁に使用されています。

Geistlichのバイオ材料は天然原料に由来し、新生骨や軟組織の形成を促進する目的で開発したものです。ヒト組織との類似性により、これら目的に最適な素材です。治癒の過程で組織に統合されるか、または、生体の代謝作用により徐々に分解されます。

Geistlich骨補填材: 骨再生を安定化しサポートする

  • 精製し滅菌したウシ由来骨から製造 – ヒトの骨に非常に類似。
  • 硬質の無機成分のみ。有機成分は製造工程で完全除去。
  • Geistlichの骨補填材は、生体による骨欠損の再生を促進。 

 

Geistlichコラーゲンメンブレン: 創傷を保護し治癒を促進する

  • 高度に精製したブタ由来コラーゲンで製造。コラーゲンはヒトの皮膚や組織の主成分です。

Geistlichのコラーゲンメンブレンは創傷治癒をサポートすると同時に、新生骨形成が阻害されないよう、骨と軟組織との間を遮蔽します。

Verena.jpg
Verena Vermeulen
Scientific Communication Manager