Main Navigation

歯周治療

 歯周疾患は歯周組織の破壊により特徴づけられる。患者教育、プラークコントロール、スケーリングとルートプレーニングといった第一段階の非外科治療に失敗した場合、さらに外科的治療が必要とされる。

GTRによるバイオ材料の使用は歯周欠損の解消においてオープンフラップデブライドメンド単独よりも効果がある1。この術式では欠損を天然の骨補填材ガイストリッヒ バイオオスにより充填し、コラーゲンメンブレン ガイストリッヒ バイオガイドで被覆する。

天然の骨補填材:

  • 骨欠損に充填しポケットデプスを減少する
  • 臨床的アタッチメントレベルをゲインする
  • 患者自身の骨と歯根膜の再生と保存を促進する

コラーゲン バリアメンブレン:

  • 骨移植を安定させる
  • 上皮のダウングロースを排除する
  • 歯槽骨細胞が欠損部に再増殖できる

ガイストリッヒ バイオオスとガイストリッヒ バイオガイドによる臨床的アタッチメントレベルのゲイン

歯周欠損をグラフト材料のガイストリッヒ バイオオスで充填しガイストリッヒ バイオガイドメンブレンで被覆する方法は、歯周組織再生療法における有効性が確立している。5-12

ガイストリッヒ バイオオスとガイストリッヒ バイオガイドを使用した骨内欠損の治療は、2.5 年後の臨床的アタッチメントレベル(CAL)のゲインおよびプロービング深度(PD)の減少などの有意な臨床効果をもたらした。13

参考文献:

  1. Sculean A, et al.: J Clin Periodontol 2007; 34(1): 72-77.
  2. Newman MG, et al.: Caranza's Clinical Periodontology. Elsevier.
  3. Lindhe J, et al.: Clinical Periodontology and Implant Dentistry. Blackwell Munksgaard.
  4. Rateitschak EM, Wolf HF: Farbatlanten der Zahnmedizin. Band 1: Parodontologie. Thieme.
  5. Cosyn J et al., J Clin Periodontol. 2012; Oct;39(10):979-986.
  6. Camelo Int J Periodontics Restorative Dent. 1998 Aug;18(4):321-331.
  7. Lundgren D, Slotte C, J Clin Periodontol. 1999 Jan;26(1):56-62.
  8. Camargo PM et al., J Clin Periodontol. 2000 Dec;27(12):889-896.
  9. Sculean A et al., J Clin Periodontol. 2003 Jan;30(1):73-80.
  10. Tonetti MS et al., J Clin Periodontol. 2004 Sep;31(9):770-776.
  11. Linares M et al., J Clin Periodontol. 2006 May;33(5):351-358.
  12. Irokawa D et al., Int J Periodontics Restorative Dent. 2017 May/June;37(3):393–401.
  13. Irokawa D et al., BMC Res Notes. 2017 Feb 17;10(1):102