ガイストリッヒ バイオガイド

コラーゲンメンブレン

ガイストリッヒ バイオガイド は 口腔内組織再生用材料として実績のある純粋な天然コラーゲンメンブレンです1,2ガイストリッヒ バイオオスなどの骨補填材と併用します。2層構造からなり、再生部への軟組織侵入を遮断し、骨、軟組織、血管の新生・成長をサポートします。

天然の吸収性の天然コラーゲンメンブレンであるガイストリッヒ バイオガイドは、二次オペによる撤去が不要です。柔軟性のある材料特性により手技が容易で、創傷治癒をサポートします。

“ガイストリッヒ バイオガイド メンブレンは、15年以上にわたり、高い信頼性が証明されており、その合併症率は非常に低い。”
Prof. Daniel Buser, Berne, Switzerland

ガイストリッヒ バイオガイドが長年使用されつづける理由:

  • 骨補填材だけを使用する場合7,8と比較して、組織統合性を向上させ5,6、骨再生を促進する。
  • 天然のコラーゲン構造により、裂開が少ない3,4,9
  • メンブレン撤去が不要のため、手技がシンプル。
  • 5-9年後の審美的に安定した結果10

Dr. Peter Geistlichが歯科用再生医療に天然コラーゲンメンブレンを初めて開発したのは1990年代です。ガイストリッヒ バイオガイドは全世界で使用され1,2、18年間で200万人を超える患者さんへの臨床使用実績があります。また、200件以上の学術文献があります11

 

ガイストリッヒ バイオガイドの使用方法

 

 参考文献:

  1. iData Research Inc., US Dental Bone Graft Substitutes and other Biomaterials Market, 2011.
  2. iData Inc., European Dental Bone Graft Substitutes and other Biomaterials Market, 2012.
  3. Tal H, et al.: Clin. Oral Implants Res 2008; 19: 295-302.
  4. Zitzmann NU, et al.: Int J Oral Maxillofac Implants 1997; 12: 844-52.
  5. Schwarz F, et al.: Clin Oral Implants Res 2006; 17: 403-09.
  6. Schwarz F, et al.: Clin Oral Implants Res 2008; 19(4): 402-15.
  7. Perelman-Karmon et al.: Int J Periodontics Restorative Dent 2013, 32(4): 459-65.
  8. Wallace SS, et al.: Int J Periodontics Restorative Dent 2005; 25(6): 551-59.
  9. Becker J, et al.: Clin. Oral Implants Res 2009; 20(7): 742-93.
  10. Buser D, et al.: J Periodontol 2011; 82(3): 342-49.
  11. Pubmed September 2013. Search Term: Bio-Gide.